「隠された歴史の謎」から世界の平和へ

   

kategori_kagomekai
名称変更について
「かごめかごめを研究する会」が発足して3年9か月、様々なイベントや現地探訪等を重ねてきました。
おかげさまで、この国の初期の状態など、いろいろなことが判明してきました。
探求すべき事柄はまだまだたくさんありますが、今やこの会の使命は「研究する」ことよりむしろ、
「かごめかごめ」のメッセージを伝えていくことに重点を置くべきと考え、
会の名称を“「かごめかごめ」をつたえる会”と変更することになりました。
「かごめかごめを研究する会」の実績等は、この会の歴史として、今まで通り掲載いたします。
2015年3月10日


(1)かごめかごめを研究する会 とは
会長に、突然起こり始めた「摩訶不思議な出来事」を、多くの方々に知っていただくとともに、会長に降りた3つの啓示の意味をともに解き明かし、世界の平和と宗教や人種を超えこえた民族の大調和のために、ともに行動を起こしていくことを目的として立ち上げた会です。

【 3つの啓示
①黙示録を示せ!
②秘宝を一刻も早く取り出して祀れ!
③ゼロ磁場発生装置を世界中に広めよ!

 

(2)設立経緯

syushi01
ホテルサンルート梅田に参加された方々は111名でした
syushi02
「脳波と不思議な話」というテーマで講演をされる志賀先生

会長から「会社が主催して講演会を開催したいので企画をしてほしい」と依頼され、私は講演会の企画から当日の司会までをすることになりました。

場所は大阪の「ホテルサンルート梅田」、開催日は「23年6月19日」、テーマは「脳波と不思議な話」、講師は「元九州大学の高尾征治工学博士」と「能力開発研究所の志賀一雅工学博士」、募集定員は「111名」でした。

志賀先生が1時間程話しをされていた時に、受付の人から「参加者数は111名」というメモ用紙が司会をしている私のところに届きました。

志賀先生が話されている内容は「シンクロニシティは、私たちを何かに導くために、何かを伝えるために、偶然を装い私たちの前に必然的にグットタイミングで訪れる!」でした。正直とても驚きました。

志賀先生にそのメモを渡すと先生は「皆さん!今シンクロ現象が起きました。皆さん一人でも参加されていなかったら111名にはなっていなかったのです。皆さん、何かお役目があるのかも知れませんね」と参加者に報告をされました。

会場には驚きの声があがり、その流れで参加された方々から、「上森社長に起き続ける摩訶不思議なことを、解き明かしていこう。そのためにも会を立ち上げよう」という熱い声援があり、その声援を受けてその日(2011年6月19日)その場(ホテルサンルート梅田)で「かごめかごめを研究する会」が発足したのです。 私は司会をしていたということもあり事務局代表をすることになりました。
(立脇ひろこ)

 

(3)事業概要

2011年6月の発足当初「怪しい会では」「変な宗教団体では」等の非難の声も聞かれた「かごめかごめを研究する会」でしたが、今では多くの方々にご理解ご支援をいただくようになり、会長の使命とも言える【かごめかごめの真実を解き明かす】ということは、多くの方々の力合わせにより、解き明かされてきました。

syushi03
1周年を記念して開催された「感謝のつどい」
syushi04
京都御所茶室で開催された「かごめかごめのつどい」

発足してから2年数か月。この僅か2年数か月の間に会長に起き続ける摩訶不思議ま出来事は、膨大で壮大で凄過ぎてとても簡単にお伝えすることは出来ません。

そこで、2012年7月から毎月セミナーを開催して、『会長に起き続ける摩訶不思議な出来事』や『会長が解き明かしてきた数々の情報』をお伝えしてきました。

そして、セミナーに参加された方々をはじめ「ブログ」「本(世界文明の起源は日本だった)」を見られた方々から『現地に行きたい!』という声が寄せられるようになり、今年2013年11月から、講演会と見学会をセットにした『かごめかごめのツアー』を実施することにいたしました。

 


(4)事務局の現状とお願い

syushi06 syushi05
「かごめかごめを研究する会」は設立してまだ2年数か月ですが(2013年11月現在)、開催してきたイベントの回数は70回を超え、北海道から沖縄まで、ご縁をいただいた方は1,000名を超えました。職業は、大学教授、公務員、医者、看護師、会社経営者、鍼灸師、セラピスト、ピアニスト、書道家、画家、主婦などなど多岐にわたっています。

会長に起き続ける「摩訶不思議な出来事」や会長が解き明かしてきた『童謡“かごめかごめ”の唄の真実』、『隠された世界と日本の歴史の謎』のことをお知りになりたい方は、毎月開催している「セミナー」にお越しくださいますようお願いいたします。

 

(5)イベント実績
昭和天皇の誕生日であった2012年4月29日に、念願叶って地元兵庫県朝来郡生野町で開催した「かごめかごめのつどい」やかごめかごめを研究する会設立1周年を記念して2012年6月16日に開催した「感謝のつどい」の頃から流れは急激に加速してきました。

そして、「感謝のつどい」の参加者等の声援を受け開催を始めた「上森三郎セミナー」も回を重ねていく中で、参加された方々の中から「発掘作業を手伝いたい」「発掘費用の一部に充ててください」等の温かい支援をいただくようになり、『卑弥呼の墓』がある婀月山(上森会長命名)のレーザー探知機での調査や発掘をすることができました。

2013年3月20日に西宮神社で行った「夜明けの祭典」ではステージが変わったと実感しました。そして、2013年7月20日には「世界文明の起源は日本だった」という本の出版を記念して「出版記念講演会」を開催いたしました。

 

■イベント開催実績表

NO 開催日 開催県 開 催 場 所
76 2013年 10月4日 大 阪 ドーンセンター(第14回上森三郎セミナー)
75 2013年 9月6日 大 阪 ドーンセンター(第13回上森三郎セミナー)
74 2013年 8月2日 大 阪 ドーンセンター(第12回上森三郎セミナー)
73 2013年 7月17日 兵 庫   未 定   (T・T・C設立1周年記念講演会)
72 2013年 7月5日 大 阪 ドーンセンター(第11回上森三郎セミナー)
71 2013年 6月7日 大 阪 ドーンセンター(第10回上森三郎セミナー)
70 2013年 6月2日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:7日目)
69 2013年 6月1日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:6日目)
68 2013年 5月31日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:5日目)
67 2013年 5月30日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:4日目)
66 2013年 5月29日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:3日目)
65 2013年 5月28日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:2日目)
64 2013年 5月27日 兵 庫 ネオガイアジャパン㈱(上森特別セミナー:1日目)
63 2013年 4月5日 大 阪 ドーンセンター(第9回上森三郎セミナー)
62 2013年 3月20日 兵 庫 西宮神社会館(夜明けの祭典)
61 2013年 3月1日 大 阪 ドーンセンター(第8回上森三郎セミナー)
60 2013年 2月23日 東 京 東京中野区㈱JESセミナー室(緊急特別講演会)
59 2013年 2月22日 東 京 東京中野区㈱JESセミナー室(緊急特別講演会)
58 2013年 2月1日 大 阪 ドーンセンター(第7回上森三郎セミナー)
57 2013年 1月29日 兵 庫 天明治療院(上森セミナーin明石)天野先生主催
56 2013年 1月27日 山 口 山陽小野田市(上森セミナーin山口)藤井さん主催
55 2013年 1月26日 山 口 山陽小野田市(上森セミナーin山口)藤井さん主催
54 2013年 1月15日 兵 庫 兵庫県民会館(ありがとうの作品展:5日目)
53 2013年 1月14日 兵 庫 兵庫県民会館(ありがとうの作品展:4日目)
52 2013年 1月13日 兵 庫 兵庫県民会館(ありがとうの作品展:3日目)
51 2013年 1月12日 兵 庫 兵庫県民会館(ありがとうの作品展:2日目)
50 2013年 1月11日 兵 庫 兵庫県民会館(ありがとうの作品展:1日目)
49 2013年 1月11日 兵 庫 兵庫県民会館(新年互礼会)
48 2012年 12月22日 岡 山 すみれのお宿(かごかごめのつどい)
47 2012年 12月21日 大 阪 ドーンセンター(第6回上森三郎セミナー)
46 2012年 11月25日 岡 山 奉還町“りぶら”(特別企画)
45 2012年 11月11日 三 重 名張市武道交流館(かごめかごめの祭典)
44 2012年 11月9日 大 阪 ドーンセンター(第5回上森三郎セミナー)
43 2012年 11月4日 兵 庫 鶴と亀を統べる旅(はにおかの里周辺)
42 2012年 11月3日 兵 庫 鶴と亀を統べる旅(ホテルモンテローザ泊)
41 2012年 10月26日 大 阪 ツイてるカフエ「楽夢」(講演会)
40 2012年 10月19日 大 阪 ドーンセンター(第4回上森三郎セミナー)
39 2012年 9月30日 兵 庫 サラ・シャンティ(かごめかごめのつどい)
38 2012年 9月14日 大 阪 ドーンセンター(第3回上森三郎セミナー)
37 2012年 8月17日 大 阪 ドーンセンター(第2回上森三郎セミナー)
36 2012年 8月12日 福 岡 八重洲博多ビル(特別企画)
35 2012年 8月11日 福 岡 宗像大社(お礼参り)・懇親会
34 2012年 7月27日 大 阪 ドーンセンター(第1回上森三郎セミナー)
33 2012年 6月16日 大 阪 大阪府立ドーンセンター(感謝のつどい)
32 2012年 5月19日 大 阪 大阪科学技術センター(サイ科学会講演会)
31 2012年 4月29日 兵 庫 生野町「マインホール」(かごめかごめのつどい)
30 2012年 3月11日   和歌山 高野山 “無量光院”(住職さんご夫妻懇談)
29 2012年 1月12日 兵 庫 兵庫県再度山大龍寺近辺ツアー
28 2012年 1月11日 兵 庫 舞子ビラ “六甲の間”(新春のつどい)
27 2012年 1月11日 兵 庫 舞子ビラ “あじさいホール”(コンサート)
26 2011年 12月11日 兵 庫 生野銀山近辺見学ツアー
25 2011年 12月10日 兵 庫 せせらぎの湯みはらし館(かごめかごめのつどい)
24 2011年 11月12日 三 重 三重県秘宝探検ツアー(乗用車11台)
23 2011年 11月11日 三 重 名張市勤労市民センター(かごめかごめのつどい)
22 2011年 11月11日 三 重 赤目温泉“山水園”(平成維新塾&懇親会)
21 2011年 11月11日 三 重 ヴェルージュ(神の儀式・世界再生コンサート)
20 2011年 10月10日 和歌山 弘法大使空海を感じる旅(空海の求道を行く)
19 2011年 10月9日 和歌山 高野山宿坊“無量光院”(かごめかごめのつどい)
18 2011年 9月18日 三 重 宇流冨志禰神社参集殿(かごめかごめのつどい)
17 2011年 8月22日 京 都 京都御所茶室“拾翠亭”(かごめかごめのつどい)
16 2011年 7月25日 熊 本 ストーン・サークル・幣立神社(かごめかごめのつどい)
15 2011年 7月24日 熊 本 そよかぜパーク研修室(ホテル宿泊)
14 2011年 7月17日 滋 賀 薬膳館 “喫茶去”(かごめかごめのつどい)
13 2011年 6月19日 大 阪 ホテルサンルート梅田(講演会・研究会立ち上げ)
12 2011年 5月27日 兵 庫 六甲道勤労市民センター(説明会)
11 2011年 5月15日 兵 庫 アートコミュニティサロン(第8回気づきの会)
10 2011年 4月29日 大 阪 大阪府教育会館(講演会・光商事と共催)
9 2011年 4月10日 兵 庫 平安を祈るツアー
8 2011年 4月9日 兵 庫 平安を祈るツアー(天橋立ホテル宿泊)
7 2011年 3月20日 大 阪 “ドリームカフェ“(7回気づきの会)
6 2011年 3月13日 兵 庫 押部谷住吉神社 “参集殿”(6回気づきの会)
5 2011年 2月14日 兵 庫 “カフェ・ド・ロワール”(5回気づきの会)
4 2011年 1月17日 兵 庫 “カフェ・ド・ロワール”(4回気づきの会)
3 2011年 12月20日 奈 良 泉岡サロン(3回気づきの会)
2 2011年 12月15日 兵 庫 アートコミュニティサロン(2回気づきの会)
1 2010年 12月6日 兵 庫 “カフェ・ド・ロワール”(1回気づきの会)

《参考》
(1)平成22年12月6日から立ち上げまでは、「気づきの会」として有志で勉強会を開催
(2)平成23年3月13日からは、上森会長に講師を依頼して開催
(3)平成23年4月9日~10日は、上森会長が行かされた場所を見学するバスツアーを実施
(4)平成23年4月29日は、志賀先生(脳波研究所所長:工学博士)に講師を依頼し、
   光商事株式会社と上森会長の会社の共催で講演会を開催
(5)平成23年5月27日は、上森会長の会社が主催で「今後の方針等の説明会」を開催
(6)平成23年6月19日の会社主催の講演会開催時に、参加者から「会を立ち上げよう!」
   という熱い声援があり、その場で「かごめかごめを研究する会」を立ち上げた
(7)平成23年7月17日からは、「かごめかごめを研究する会」が主催で、「かごめかごめの
   つどい」及び「上森三郎セミナー」等を企画実施
(8)平成23年11月11日は、「世界再生コンサート」の中で「神の儀式」を執り行った
(9)平成24年6月16日は、設立1年を記念して「感謝のつどい」を開催
(10)平成24年7月27日からは、毎月ドーンセンターで「上森三郎セミナー」を開催
(11)平成24年11月3日~4日は、感動塾と共催で「鶴と亀を統べる旅」ツアーを実施
(12)平成11月11日は、これまでの感謝を込めて「かごめかごめの祭典」を」を実施